• トップ
  • > 松代そばとは?:善屋の信念

松代そばとは? 善屋の信念

善屋の信念「低温乾燥製法」

品質管理に余念のない、麺匠のいる善屋工場 松代そば善屋では、良質なそば粉と小麦粉に選り抜きの海藻(ふのり)をつなぎにして捏ね上げ、32度以下の低温で時間をかけて、じっくりゆっくりと麺を乾燥させます。
この長時間の低温乾燥が、素材の風味、美味しさを最大限に引き出し、打ち立てかそれ以上のコシの強さと喉ごしを実現させるのです。

多くの乾麺メーカーでは、大量の麺を素早く乾燥させるために、高い温風で、一気に短時間で乾燥させますが、それでは、麺の表面だけが乾燥し、内部に水分が残ってしまうので、色や風味が落ちてしまいます。
松代そば善屋では、低温乾燥室で温風と冷風を交互にあて、麺の内部を乾燥させてから外側を乾燥させる技術を使い、心を込めて「美味しい麺」を作っています。

善屋の信念「海藻(ふのり)」

へぎそば新潟県の南西部では、古くから「へぎそば」を食してきました。
杉板で出来た四角い箱状(35cm×45cmの大きさ)の「へぎ」という木箱に、食べやすいよう一口サイズに盛ったものが”へぎそば”です。そして、原材料にも大きな特徴があり、そばのつなぎに”海藻”(ふのり)を使用します。
そばは、喉に若干の引っかかりを感じる食べ物ですが、”海藻”を使うことで、通常のそばでは信じられないような食感と喉ごしになります。
松代そば善屋では、荒波に揉まれて育った「ふのり(布海苔)」を選り抜き、完璧な衛生管理のもとで捏ね上げています。
今でこそ近代的環境下での作業工程で成されますが、当初は暑い「ふのり場」で創業者自らが全身で捏ね上げる重労働でした。
松代そば善屋は素材1つにも美味しいそばを作るための情熱とこだわりを持ち続けています。

日本海の荒波に揉まれて育った、ふのり捏ね上がったふのり(布海苔)